「栽培周期のリセット」

昨年来から発生したカイヨウ病の根絶を図るため、ハウス内と水耕栽培設備の塩素消毒を2月に実施し、

3月から栽培を再開しました。ようやくここまでトマトの樹も大きくなり収穫も最盛期並みに増えてきました。

販売機を4度も壊されました。先月11日頃より昨日までトマトの自動販売機の鍵がバールみたいなもので

壊され中の代金2000円前後がなくなっていました。

トマトの代金は4回壊され奪われた合計でも8000円に満たないような物です

付け替えた鍵代は23000円ほどになり、販売機のドアも破損そて修理すると

被害は修理代のほうが3倍以上になってしまいました。

弁護士に相談しかかった費用を弁償させられるか聞いたところ犯人は

貯えがないので裁判を起こさないと難しいとのこと。日本の法律は被害者が損する悪法だ。

コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

箕輪の天気(今日)

最新記事

2019年5月3日

極上ミニトマトが美味しく出来ました...

記事を見る

2019年4月29日

「幻日環」...

記事を見る

2019年4月25日

ウドンコ病が発生してきた...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...