「2009年」記事一覧

ミニトマト「アイコ」今年最後の収穫

昨年7月にミニトマト「アイコ」を2本播種して、1年2ヶ月よく働いてくれ収穫量も結構あり2月から6月末まで糖度8度以上をキープしてくれ、買いに来てくれたお客様にも大変好評でした。

「梅雨が明けない!!」

7月12日から8月2日までの間に半日以上晴れた日はたったの2日今日も午前中は雨で17時頃まで曇り、その後雷雨。トマトの樹も本当に弱弱しく、色付きもしてこない。糖度も7度を切ってしまいました。こんなに太陽が出ない年も珍しいです。

「急激な気候の変化で軟化するトマト」

5月入り5日から晴天が続き乾燥しています。8日から10日まで気温が上がり非常に暑く、5月中旬の陽気だとか。トマトにとっては急に暑いのはいただけない、気温が急に上がると葉から蒸散する水の吸収を今まで以上に活発にしなければ葉が焼けてしまうかといって、根の水分吸収能力は 急に増えないので葉からの蒸散が増えると葉の水分が少なくなり「萎れ」状態となる。

「折角のトマトが・・・」

3月~4月と収穫が少なかったのがここに来てようやく色付き始め、収穫量が増えてきた。4月中旬から好天が続いていいのだが、乾燥がひどく日中はほとんど湿度が30%を上回らない。

「春よ来い」

雪の解けた土手の南斜面では田んぼに撒いた菜花の芽がこんなに大きくなっている。ハウスの中に居ると外の冷気は日中まだまだ2~5度程度だが、シャツを一枚脱ぎたいくらいだ。陽射しはもう春の日差しになっている。昨日、愛知の蒲郡まで用事で行って来たが、流石に暖かい、もう菜の花が咲いていたのには驚いた。

箕輪の天気(今日)

最新記事

2019年3月27日

コナジラミの天敵放飼...

記事を見る

2019年3月12日

環境計測機器の組み立て...

記事を見る

2019年3月10日

環境制御の内気象ノードキットが届いた...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...