「ドロオイ虫」

今年はほとんどの田んぼのあちこちに見られる「ドロオイ虫」。名の通り泥をまとっている様に見える事からその名が付いたのだが、

まとっているのは実は泥ではなく自分の糞らしい。泥を剥ぐとしわくちゃな芋虫みたいなのがいる。これがイネの葉を食害する、

ひどい田になるとイネの葉が真っ白く見えるほどだ。ドロオイはこれからイネの葉の上で繭を作り蛹になって

1週間程で成虫になり飛び立って、その後笹薮や竹林などに産卵するらしい。

コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

箕輪の天気(今日)

最新記事

2019年3月12日

環境計測機器の組み立て...

記事を見る

2019年3月10日

環境制御の内気象ノードキットが届いた...

記事を見る

2019年2月22日

全国ハイポニカ研究会へ参加...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...