環境制御の内気象ノードキットが届いた

キットですから自分で組み立てしようという代物です。

(完成品を販売もしています、興味のある方はこちらのワビットさんの

https://www.arsprout.net/)

現在、先進的農家は生産量増加や品質向上を目的に施設栽培に限らず果樹、ワインブドウを

始め野菜・スイカ農家が監視カメラを付けて導入しているようです。圃場環境に合わせた

肥培管理や灌水等。防除適期や収穫時期が解るので作業計画を立てるのに役立つということです。
100Vがあれば計測可能、価格も約6万円程度(センサーオプションが別途かかる)
以前、作ったコントローラーキットでも機能は変わらないが専用の気象計測ノードを作り

クラウドにデーターやライブ画像を上げて何かあれば警報をスマホに送信できるのが魅力。

 

コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

箕輪の天気(今日)

最新記事

new 2019年11月13日

ハイポニカ東海・関東ブロック研究会参加...

記事を見る

2019年10月19日

台風19号の被害に遭われた農家のみなさな...

記事を見る

2019年10月4日

ミニトマト「アイコ」10日頃より販売...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...