「無残なキャベツ」

5月の末に春蒔きしたキャベツの種が余っていたので苗を起こし畑に移植したが、春植えた

キャベツに寒冷紗を使ってしまい掛ける物がなかったのでそのままにしてたらやっぱり

青虫の餌場と化してしまい、無残な状態になって締まった。。

次の日に乳酸菌と酵母菌、納豆菌で作った「えひめAI」を原液で吹きかけたら青虫は

動かなくなってはいたが、周りにモンシロチョウが飛び回っているので焼け石に水と

ならないように寒冷紗を買ってこなければ。。。

コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

箕輪の天気(今日)

最新記事

2019年3月12日

環境計測機器の組み立て...

記事を見る

2019年3月10日

環境制御の内気象ノードキットが届いた...

記事を見る

2019年2月22日

全国ハイポニカ研究会へ参加...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...