「小学校の収穫祭」

去る、23日に小学校5年生の収穫祭に招かれて出席してきた。今は箕輪町でも専業農家の

子供はまずいません。

だから殆どの生徒が稲作りの手伝いをした経験が無いのですよ。

箕輪町の小学校5年生は稲作りを総合学習の時間を使って、代掻き、田植、草取り、稲刈、

脱穀と稲作りの一連の作業をする。

そして取れたお米(白毛もち)を使って杵で餅つきをし、アンコロ餅、きな粉餅、ゴマ餅と

3種類作ってご馳走してくれる(写真はトン汁)。

4月の学習会では、田んぼに水が入り田んぼを作りを始めると現れる虫やカエル、鳥などの

名前を覚えてもらったり、田植から草取り時期に現れるホソミオツネン、モートンイトトンボ

など、秋の赤とんぼ、カマキり、クモ等など。

稲作りに欠かせない生き物を知ってもらう事や田植の仕方、稲刈の時の鎌の使い方など。

生徒のみんな美味しいお餅をありがとう。

コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

箕輪の天気(今日)

最新記事

new 2019年11月13日

ハイポニカ東海・関東ブロック研究会参加...

記事を見る

2019年10月19日

台風19号の被害に遭われた農家のみなさな...

記事を見る

2019年10月4日

ミニトマト「アイコ」10日頃より販売...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...