「小学校白毛もちの脱穀作業」

クラスの子供のお祖父さんがはるばる町外からハーベスター(脱穀機)を持ち込んで戴いて白毛もちの脱穀作業をしました。

棹の丈が長いので脱穀するにも一苦労です。

今年は昭和40年代の初頭まで活躍していた足こぎ脱穀機も経験させてもらいました。(小学校のページに掲載)

今年は私の苗の管理が悪く苗があまりよくなかったので6.5袋精米にすると約65kg位のもち米が収穫できました。

後日の収穫祭にはこれでもちを搗き、あんころもちやきな粉もち、あべかわもちなどになるのでしょう?

コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

箕輪の天気(今日)

最新記事

2020年2月3日

今シーズンの冬は非常に暖かい⇒日射が少な...

記事を見る

2019年11月20日

小学校5年生の収穫祭...

記事を見る

2019年11月13日

ハイポニカ東海・関東ブロック研究会参加...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...