「幻日環」

南の空にほぼ一直線の虹ができていた。太陽の周りにできる日傘はよく見るが

太陽の軌道と平行にできるのは珍しい。調べてみると「幻日環」とか「水平環」

というらしい。
虹の場合は降る雨粒に太陽の光が反射して虹として見えるので太陽光と反対方向に

見えることが多いが、幻日環は空の氷粒に太陽の光が屈折して見えるので太陽の光と

平行に見えるとのこと。

コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

箕輪の天気(今日)

最新記事

2019年11月20日

小学校5年生の収穫祭...

記事を見る

2019年11月13日

ハイポニカ東海・関東ブロック研究会参加...

記事を見る

2019年10月19日

台風19号の被害に遭われた農家のみなさな...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...