「田んぼの土手焼き」

土の凍みも解けて、春草のノカンゾウが芽を出し始める頃あちこちで田んぼの

土手焼きが始まる。

土手の枯れ草を焼く事で枯れ草の中に潜む虫や虫の卵等を焼き払う事と、

枯れ草を焼く事でこれからよい草(昔は家畜に草を刈ってくれていた)が

出来るようにということで土手焼きをするが虫は害虫ばかりではない田んぼの

イネにとって益虫やただの虫、害虫の天敵などもいるはずである。

コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

箕輪の天気(今日)

最新記事

2019年3月12日

環境計測機器の組み立て...

記事を見る

2019年3月10日

環境制御の内気象ノードキットが届いた...

記事を見る

2019年2月22日

全国ハイポニカ研究会へ参加...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...