二代目のCO2発生器

昨年までは、トマトの環境制御技術や栽培生育制御管理などの技術は書籍や

指導機関で情報を得ていて理解はしていたが、それらを計測するセンシング

機器が効果で手が出せないでいたが、誠和(株)の「プロファインダ‐Ⅲ」を

購入して計測を始めると秋口から春先のハウスの中の炭酸ガス濃度は

230ppmを切るほど少ないことがわかり早速フルタ電機の発生器を

入れたが金がなかったので最小クラスにしたのが間違いでした。

やっぱりハウス面積に合ったものを入れないと目標値の濃度まで満たして

くれない。炭酸ガスを入れることで収量が飛躍的に上がったこともあり

奮発してネポンの「グローウエア」を入れてみた。

箕輪の天気(今日)

最新記事

2020年2月3日

今シーズンの冬は非常に暖かい⇒日射が少な...

記事を見る

2019年11月20日

小学校5年生の収穫祭...

記事を見る

2019年11月13日

ハイポニカ東海・関東ブロック研究会参加...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...