「ツヤコバチ」

「ツヤコバチ」はオンシツコナジラミの天敵です。

トマトを露地やハウスの中で栽培していると必ず生長点近くの葉裏に1.5mmほどの白い羽を持った小さな虫が現れます。

この種類は、「オンシツコナジラミ」と「シルバーリーフコナジラミ」の2種類が主にいます。共に外来種です。

害は、トマトの葉の養分を吸うと事で排泄する成分に糖が含まれているのでその排泄物にカビが発生することによる葉枯れです。

ツヤコバチはコナジラミの幼虫に卵を産み付けたり、コナジラミの幼虫の体液を餌にすることでコナジラミが増えないというものです。

このカードの中ほどにある黒いポツポツがコナジラミの幼虫に卵を産み付けた蛹を貼り付けて販売されている天敵農薬です。

天敵は生き物なので環境や気候によって働きが大きく変りますので飼育環境を整えることが大きな課題です。

コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

箕輪の天気(今日)

最新記事

2019年5月3日

極上ミニトマトが美味しく出来ました...

記事を見る

2019年4月29日

「幻日環」...

記事を見る

2019年4月25日

ウドンコ病が発生してきた...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...