「トマトの苗の葉に出る葉露」

この時期、天気がよく朝から晴天で朝日の出る頃トマトの葉に露がびっしりつく、午前中晴天だと露の量がより多い。

トマトは一日の光合成の70%を午前中に済ませるといわれることから午前中晴天の続くことが分かるのだろうか?

トマトは日の出前から養水分をしっかり吸い上げ葉に貯めて太陽の光が葉っぱ全体に差し込むのを待っているかのようだ。

晩秋の南の傾いた太陽の光は弱いがそれでも葉っぱをいっぱいに広げ出来るだけ光合成をしようと懸命だ。

こうして少ない光の中でもデンプンを作り果実は少しずつ大きく成長してゆく。

コメントフォーム

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

箕輪の天気(今日)

最新記事

2019年3月12日

環境計測機器の組み立て...

記事を見る

2019年3月10日

環境制御の内気象ノードキットが届いた...

記事を見る

2019年2月22日

全国ハイポニカ研究会へ参加...

記事を見る

バックナンバー

カレンダー

読み込み中... 読み込み中...